あなたの一票が助けになります

ハリアーAIRSのエアサス評価は高い?乗り心地や車高は?

あなたの一票が助けになります

トヨタ車自慢の足回り

30系airs評判

世界の大巨人トヨタがエアーサスペンションも開発!乗り心地とローダウンという両立させずらい要素に一つの回答が出されたといえます。残念ならがハリアーのエアサス装着車は二代目30系のみで、新型ハリアーでは採用は見送られました。故障やトラブルでもあるのかはトヨタの開発陣しかしりません。

車高調整機能(ハイトコントロール)は車高調でもできますが、エアサスは特別なメカニズムなのです。歴代の中でも唯一の空気ばね装着車AIRSの性能をみてみましょう。

エアサスとは

アメ車によくあるホッピングしている車を想像しますが、普通の乗用車に装着されるエアサスは空気バネで、見た目も地味に車高が変化するものです。対地クリアランスの確保、つまりこすったりカメになってしまうことを避けられるのです。

観光バスや路線バス、トラックなどに採用されているサスペンション形式で乗用車用としても一部で正式装備されました。車高の変化は1mもないので見た目で気がつかないこともあります。

バスなどは乗降性の確保のためで、ローダウンすることを目的とはしていません。高級車やスポーツカー、SUVではシャコタンに見せながら、乗り心地や使い勝手の両立を図るために装備されます。メーカーが販売している車種なのでもちろん車検にも対応。トヨタハリアーは二代目のAIRSにのみ装着されています。

kaitori-icon

ハリアー30系AIRS

AIRS30系ハリアーエアサス画像読み方はAIRS(エアーエス)。電子制御エアサスなのでアクティブサスペンションともいえます。車内のパネルを操作して段階的に調整が可能。停車中は車高を落とし、走行中はインパネで車高アップしてお椀上の踏み切り通過や輪止め、縁石などとの接触を防ぎます。

前後ともストラット式エアスプリングで3.5lと3.0lの二つのエンジンで装備されていました。ハイブリッド車には設定にはなく、FFモデルと4WDの駆動方式が選べます。乗り心地はエアーサスペンション独自の乗り味で、機械的なスプリングの動作を感じにくいのが特徴。金属ばねでは吸収しきれない微振動を抑えられます。車高の変化は1m以上はなでしょうが、確実にローダウンできて車高アップしたい時には電子制御で変更できます。僅かに空気温がブシュッっと聴こえてきますね。

空気圧の調整でレートや車高調整ができて、ハリアーAIRSは走行条件や使用環境に合わせてセッティング変更が可能です。普通の柔らかいふわふわサスペンションとは違い、ロールやピッチングが少なく、ショックアブソーバーが普通の乗用車の油圧方式とは全く別物となっています。

試乗した人の評判は上々で、金属ばねとは一味違った感想をもたれます。そもそも高速バスなどでも体験することができるので、旅行の際には「これがエアサスなのか」と動作具合を確認してみてもいいでしょう。

GSU31W AIRS中古車購入

JATSやUNIVERSAL AIRなどのエアサスキットを装着することもできますが、取り付け費用だけで25万円以上かかります。10系、30系ハリアー用として楽天やアマゾンでも通販していますが工賃とマッチングなどを考えると、トヨタ純正のAIRSを買うほうがいいでしょう。リコールはありませんが故障が気になるならハリアーハイブリッドも評価の高いクルマでおすすめです。

フルモデルチェンジして新型60系が発売されたので中古車を買うには今が一番良い時期でしょう。日本全国のハリアーから好みの中古車探すなら雑誌では不足します。情報量の多さならネットから比較するのが一番でしょう!

「なびくる+」は提案型の中古車探しサービスです。検索は無料で、全国展開しているガリバーの良質な車の中から欲しい車種選びができます。ハリアーよりもレクサスが欲しいとか、実はミニバンを買おうかと思っていても、そんな欲張りな願望を叶えてくれます。

どんな中古車でも買いたいならこちら!

 

新車中古車乗りたい買いたいどれがいい

無料相談おすすめのお店

知名度ランキング1位ガリバーオンライン検索
お古のクルマ買うならガリバー
完全無料お試しOK
評価:★★★★☆

日本で一番有名なのはガリバー。欲しい車を無料相談できて、近くのお店で買える!取り寄せだから日本全国対応。すごく良い中古車を探してくれる。ネットから申し込むと後は電話でかんたん。希望を伝えて後は欲しいクルマをじっくりと探そう。ネットでしか探せないお買い得車両が見つかる!まずは公式サイトで無料申込!

ネット限定お得なクルマ
ガリバーで今すぐ探す

まとめ

ダンパーで乗り心地が変化するといいますが、特殊な構造の足回りは普通車とは違うといいます。新型60系では採用が見送られたので、乗るなら中古車でエアーエスを買うか、社外オプションのサスキットを装着するしかないでしょう。取り付け作業は時間もお金もかかるので、費用と相談して決めたいところです。リフトアップするくらいならエクストレイルや他のSUV車にすることもおすすめします。スポーツ走行なら新型のエレガンスG’sがローダウンもされていて価格とのバランスも良好でしょう。

 

あなたの一票が助けになります