あなたの一票が助けになります

ハリアー30系カタログダウンロード トヨタ公式だから本物!

あなたの一票が助けになります

二代目ハリアーカタログ請求できる?

ハリアー30系カタログダウンロード

トヨタ公式サイトからは「旧型の自動車のカタログ請求はできない」と明記されています。ただ、旧車のカタログデータはpdfファイルとして閲覧できます。ダウンロードして印刷もできるため、装備やスペックを調べるのに最適でしょう。

二代目ハリアーは2003年2月17日にフルモデルチェンジされて、2013年7月まで生産されました。

新型ハリアーハイブリッドが発売されたのが2013年12月です。二代目を中古車で乗り続けたい人なら、公式カタログをカラープリントしてファイルしましょう!

30系前期後期カタログへのリンク

二代目30系公式 width=

※リンク先はトヨタ公式サイト
※約1MBのPDFファイル
※スマホ対応でダウンロード可能
※年式でカタログに違いがないものもある
※マイナーチェンジで変更
※閲覧できない場合はビューワーを使用する

トヨタ公式カタログリンク
車種名 リンク 変更点
MCU30,ACU30 2003年2月 フルモデルチェンジ
2003年9月 一部変更
2004年1月
2004年2月 U-LEV
2004年7月 装備変更
GSU30,ACU30 2006年1月 新開発2GR-FEエンジン
2007年1月 デザイン変更
2008年1月 一部カラー変更
ACU35,ACU30 2008年12月 一部カラー変更
2010年8月 一部カラー変更
MHU38 2005年3月
2007年1月 一部カラー変更
2007年1月 一部カラー変更

カタログPDFファイルの閲覧方法

ハリアー30系のカタログデータはWEBブラウザ(InternetExploler、GoogleChromeなど)から閲覧できます。印刷するならダウンロードしなくてもプリンタがあるなら、そのまま設定をしてプリントが可能です。エアサス装着したAIRSやアルカンターラパッケージなど当時の貴重な資料を保存しておきましょう。

スマートフォンやiPhoneで見られないトラブルがあるようならビューワーを使えば見られます。Adobe Acrobat Readerで見たい方はこちらからダウンロードしてインストールしてください。

Adobe Acrobat Reader Windows版

GooglePlay版

iTunes版

型式の違い・比較

トヨタハリアーのハイブリッドの正式な車両型式は「DAA-MHU38W-AWXGK」ですが、カーショップでは省略してMHU38Wと呼ばれています。2代目ハリアーをまとめて「30系」と呼ぶこともあります。ただ正式にはそれぞれ別な呼称があるのです。

グレードや排気量・エンジンタイプにより型式の組み合わせが変わります。以下の組み合わせでマイカーの正式な型式が分かります。以下カタログより抜粋。

◆GSU
 グレードが350G、AIRS。直後に30W,35Wが付く。排気量は3.5リッター。

◆ACU
 グレードが240G。直後に30W,31W,35W,36Wが付く。排気量は2.4リッター。

◆MCU
 グレードが300G、AIRS。直後に30W,31W,30W,36Wが付く。排気量は3.0リッター。

◆MHU
 グレードがハイブリッド。直後に38Wが付く。排気量は3.3リッター。

◆30W・31W
 駆動方式がFF。

◆35W・36W
 駆動方式が4WD。

◆38W
 ハイブリッド。駆動方式は4WD。

まとめ

カタログを紛失してしまっても新品を請求できません。燃費や装備、スペックデータは雑誌や公式カタログにしかないので購入するか無料ダウンロードしてきましょう。中古車を売るにしても、型式やスペックが必要になることもあります。前期と後期の違いが分からないなら見ておきたいものです。

画像として当時のカタログが手に入るのは貴重な存在です。中古車でハリアー30系を購入して来たなら一度は見ておきたいですね。無料で何冊分でも手に入るので、「請求しても届かない!」と困ることもありません。

画質が悪いのが難点ですが、カラープリンタで前ページ印刷して表紙もつけるとオリジナルカタログができます!

30ハリアーの欲しい中古車探しはこちら

 

あなたの一票が助けになります